© 2016  by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ALL original    © by  " Office R "  

Ban: Do not to do the followings
Copy, Re-postings, Re-print and Re-use
Any writings and visual without "Office R"s permission.

コピーライティング  ©  " Office R "  

​Office Rの許可なく、転載・転記・コピー・再利用を行わないで下さい。

対応・経験分野 及び 各分野に関しての捉え方

各分野は相互に関連し密接な繋がりを有していると考えます。
​それぞれの分野・業務をクロスオーバーさせ、トータル的に構築することが、企業様・団体様・個人様の健全経営と業務推進に繋がると考えます。
業務改善・改革
Re-engineering

(編集中でございます。)

業務改善・効率化というものを、単純に業務の見直し・無駄の排除・ワークフローの改善等だけに捉えておりません。

  

根幹となるものは、業務を行う方々の意識改革から始まると長年の経験から申し上げることが出来ると存じます。

  

業務改善・効率化は、すなわち人材の育成とも密接に繋がっているものと捉えております。

結果として何を得たいのか?それをはっきりとした目標として持った上で行うべき事柄であると考えます。

問題解決手法は次々と生まれて来ます。もちろん最適な方式を選択すべきですが、問題なのは、手法ではなく、そこから得られる物かと思われます。手法の学習を目的とする物では無く、学習の結果から「問題を解決する」ことが大切ではないでしょうか。

また、本項目課題に終わりは無いと捉えております。常に「その先」がある問題であると考えます。一度改善・改革を行ったら終わるのか?というと、それは方向性が異なると思われます。「行った改善・改革」は、次の日から「次なる目標」に向かって開始されるとも言えるでしょう。

1年後・3年後、同じ課題に再び取り組む事は容易に予測されます。何故ならば、業務も営業・経営内容も日進月歩を続けているからです。

​この課題は、「ネバー エンディング ストーリー」であり、「終わりなき闘い」であるとも言えます。

  

是非とも、皆様方におかれましても、多方面からの目で本課題にお取り組み頂くことをご推奨申し上げます。

コストダウン
Cost Down

(編集中でございます。)

コストダウンは、左:業務改善(効率化)とも、密接に関連してくる部分があるかと存じます。

  

改善(効率化)の目的のひとつにコストダウンを意識なさる場合が多いことを経験して参りました。

  

コストダウンは、収益性を高める溜めのひとつの重要な要素となり得ます。

  

しかしながら、十分に検討されたものでないと、コストダウンと共に業務品質や製品・サービスなどお客様に提供するべきものへマイナスインパクトを与える可能性が有り得るとも捉えております。

​コストダウンと引き換えに他のマイナス要素、それもコストダウンより重要な要素に対してマイナスを得てしまうようでは、トータルとして見ると損失になりかねません。

​  

コストダウンを行う為には如何にすべきか?という事は重要な課題であり是非とも本課題にバランス良くお取組み頂くことをご推奨申し上げます。

人材育成(講習 等)
H-R Development (Training, etc.)

(編集中でございます。)

人は企業なり(営利企業様のみならず、組織において業務を遂行する場合)と言う言葉がございます。

​  

まさに、人材こそが本当に得難い財産であると思われます。人無しに業務の遂行は有り得ないからです。

  

企業人(社会人)としてのスタートを切るのは、一定年齢以上になってからが通常です。それは既に人間としてある程度の考え方・個性などを有した状態からのスタートになるかと存じます。

  

人材の育成は、そのように既に自分という物を持っている人間を再度或いは別の側面から育成していくという非常に困難な側面を持っていると捉えております。

  

単純にスキルやテクニックを覚えれば良い、業務を覚えれば良いという物に留まらず、得難い人材足り得ることが目標であり、そしてそのように育成することが育成者の目標であると思われます。

これらを踏まえて本課題にお取組頂くことを深くご推奨申し上げます。​

  

講習一覧(編集中)、及び講習例などは下記をご覧下さい。

企業クオリティ向上
Quality of Company
顧客満足度向上
プロジェクトマネンジメント
Customer Satisfaction
​Project Manegement

(編集中でございます。)

 

(編集中でございます。)

(編集中でございます。)

 

管理業務 関連
分析&レポーティング
Analisys & Reporting
企画立案 推進
Planning and Promotion
Administrative Work Related

(編集中でございます。)

 

(編集中でございます。)

(編集中でございます。)

 

​IT マネジメント
​取材記事作成 等
Web(ネット)戦略
Creative: Writings, Making of movies(YouTube etc.)
Web Strategy
IT Manegement

(編集中でございます。)

ライティング・写真・動画などで取材致します。①お話しを伺いながら 記事起こし ②その場を取材 ③その他 フレキシブルに対応致します。

(ケースによっては、英語日本語の2ケ国語対応致します)

​  

プロモーションの非常に友好なツールとなります。

  

案件例、及びWeb記事・動画などは下記をご覧下さい。

 

リスクマネジメント

(編集中でございます。)

右記 ITマネジメントと重なる部分が多いと捉えております。やはり、どの業務もクロスオーバーの要素が強く、またそうでないと円滑に進まないという物が持論です。

Web(ネット)戦略においては、一義的にそれを捉えるのではなく、必要性・ターゲット設定・安全性等によって、各Web媒体を使い分ける事が重要だと考えます。

昨今、雨後の竹の子のごとく様々Webツールが出現しますが、流行の一過性に踊る事なく、またご利用になる方(お客様等)にあわせ使いやすく、かつ、企業にとっても戦略足り得る物を作り上げ展開する必要性を感じます。

(編集中でございます。)

セールス&マーケティング
​Sales & Mktg

(編集中でございます。)

グローバライズ
リスクマネジメント
Globalize
Risk Manegement

(編集中でございます。)

(編集中でございます。)

経営戦略
Management Strategy

(編集中でございます。)

 

収益安定化
Revenue Stabilization

(編集中でございます。)

経理・財務
Finance & Accounting

(編集中でございます。)

経営戦略・収益安定化の根本ですが、実は他の部門と密接に関連している部分であると存じます。

  

戦略的財務というのが、ひとつの大きな課題であると深く考えます。

​  

数値から見えてくる経営以外の企業実態は、成長へのキーポイントを握ると考えます。

​日々の経理業務は、淡々ともくもく進んでいく物かと存じますが、それがあったればこそ、財務・会計・経営など様々な分野を支えるものと考えます。

​税理士・会計士の先生から頂戴するご見解は決しておろそかにすべきではなく、それを現場にどう落して行くか?が課題かと存じます。

 

資金調達
Fund Procuring

(編集中でございます。)

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now